医療法人 仁成会 桜井歯科医院

<綾瀬市><かしわ台駅><医療/歯科>
http://sakra-dc.com/

桜井院長のお話 「食片圧入」

 食片圧入とは歯と歯の間に食べかすがつまることです。
食片圧入を放置すると食物がそこに滞留するため虫歯になります。
そして、その部分は菌が繁殖する温床となるので歯周病も増悪していきます。

 つまったときに、いちいちとればいいという場合も確かにあります。
しかし、以前はつまらなかったのに、最近つまるようになったという場合は要注意です。
それは歯周病のサイン(徴候)です。これがもっと進行すると、つまったことにさえ気付かなくなります。

 「ここにつまってますよ。」とこちらが言っても「そうですか。 知らなかった。」ということが、たまにあります。 歯周病の進行で歯がグラグラになって、歯根膜組織が鈍感になると、つまったことに気付かないわけです。

 そうならないように、もし、食片圧入に気付いたら早いほうがいいので、 歯医者さんに行って御相談ください。 「この辺が詰まるんです。」と。

タウン誌 リベルタの記事切り抜き

食片圧入 フードインパクション

桜井歯科はさがみの窓に参加しています。 歯医者 スペース1 back 歯医者 スペース2 next 歯科 ページトップへ
かしわ台駅 桜井歯科医院,ライン
http://sakra-dc.com/