医療法人 仁成会 桜井歯科医院

<綾瀬市><かしわ台駅><医療/歯科>
http://sakra-dc.com/

桜井院長のお話 「交差咬合」

 前回、「反対咬合」の治療について早いほうがいいと述べましたが、「交差咬合」についても早いほうがいいです。

 「交差咬合」とは咬合が左右にずれることですが、簡単にいうと歯列をUの字に例えると2つのUを横にずらして書いた状態といえばわかってもらえるでしょうか?
右は上の歯が外側に、左は下の歯が外側に(またはその逆)位置する状態です。

 このまま放置すると、最初は咬み合わせのズレだけかと思っていたら左右アンバランスに顎骨が成長して、 前からみると顔が左右非対称でひん曲がっているということになります。

 たった1本だけ歯並びが悪くても起こることがあります。どこかの歯が先にあたって咬み合わせの経路がその歯に誘導されてしまうことが多いです。 その状態でしか咬めない(食べられない)ので、自然になおることはあまりないでしょう。

 結局のところ外から手を加えてあげる必要があります。矯正治療について、早めに御相談ください。

タウン誌 リベルタの記事切り抜き

交差咬合

桜井歯科はさがみの窓に参加しています。 歯医者 スペース1 back 歯医者 スペース2 next 歯科 ページトップへ
かしわ台駅 桜井歯科医院,ライン
http://sakra-dc.com/