医療法人 仁成会 桜井歯科医院

<綾瀬市><かしわ台駅><医療/歯科>
http://sakra-dc.com/

桜井院長のお話 「歯は骨が支えている」

 インプラントを入れるために骨に穴をあけるというと驚く方もいらっしゃいます。 そもそも歯というものは骨が支えているというのを知らない方もいます。 歯ぐき(すなわち肉)が支えていると思っているようです。

 逆にこちらが驚くわけです。というわけで歯は骨が支えています。 正確には歯と骨に間には歯根膜という線維組織がありますが、これについて述べると、 きりがないので「歯は骨が支えている」と理解するほうがいいです。

 健康なひとの場合、歯の全長の約半分が骨におおわれています。 しかし、歯石と菌、または異常な咬み合わせにより少しずつ骨が減ってきます。 これが歯周病です。簡単にいうと歯周病は歯根のまわりの骨が溶ける病気です。

 そして、残念なことに多くの場合、痛みをともなわないということです。痛みなく進行してしまうのです。 「なんか最近歯がぐらぐらするなあ」ということで歯医者さんに行ったら歯根の先っちょ 2,3mmしか骨が支えていなかったなどということもあります。

 やはり、定期的に歯医者さんに行くしか手はないと思います。

タウン誌 リベルタの記事切り抜き

歯は骨が支えている

桜井歯科はさがみの窓に参加しています。 歯医者 スペース1 back 歯医者 スペース2 next 歯科 ページトップへ
かしわ台駅 桜井歯科医院,ライン
http://sakra-dc.com/