医療法人 仁成会 桜井歯科医院

<綾瀬市><かしわ台駅><医療/歯科>
http://sakra-dc.com/

桜井院長のお話 「妊娠するまえに」

 もう、何年も前の話になりますが妊娠中の外国人の方の歯を抜いたことがあります。
「痛くてしょうがないから抜いてくれ」とのことで、やむなく抜きましたが医者としてもあまり気持ちのいいものではありませんでした。

 妊娠中はできるだけ歯科治療は避けたいものです。 簡単な虫歯治療や歯石をとる程度なら問題ありませんが、エックス線・服薬はなるべく避けたほうがいいでしょう。 文献から簡単にまとめてみると妊娠2ヶ月〜4ヶ月以内はエックス線でも薬剤でも催奇形の可能性があり、 それ以降はエックス線では精神遅滞、薬剤では胎児毒性などの可能性があるとのことです。 もちろん歯科におけるエックス線は防護エプロンによりおなかは護られるので殆ど問題はありません。 薬剤では安全な薬を使い、量をまもれば問題ないようです。

 しかし、可能性はゼロではありません。 私が言いたいのは妊娠前に痛くなりそうな歯は治療を済ませておくべきであり、 抜くべき歯は(親知らずも含めて)抜いておくべきであるということです。

タウン誌 リベルタの記事切り抜き

妊娠するまえに

桜井歯科はさがみの窓に参加しています。 歯医者 スペース1 back 歯医者 スペース2 next 歯科 ページトップへ
医療法人仁成会 桜井歯科医院,ライン
http://sakra-dc.com/