医療法人 仁成会 桜井歯科医院

<綾瀬市><かしわ台駅><医療/歯科>
http://sakra-dc.com/

桜井院長のお話 「歯ブラシについて」

 歯周ポケットというのはなんでしょう? 歯と歯肉の間の溝は健康なときは歯肉溝といいますが、異常に深くなってしまった場合は袋状のスペースができます。 まさにポケットのようです。カスがたまり歯周病菌の格好の棲家となります。

 最近、なんか歯ぐきが痛いという方がいらっしゃいました。 みると歯ぐきには目立った炎症などはありませんでした。歯ブラシを変えてから痛くなったそうです。 聞くと極細毛というものでした。毛先が歯周ポケットの奥に届くようにと普通の毛の間に超細い毛のついた歯ブラシです。 どうやら、この極細毛で歯肉溝の中を傷つけてしまったようです。

 極細毛、本当に必要でしょうか? 歯肉が健康な場合は歯肉はもともと引き締まっているので極細毛を使う必要はないし、 歯肉が病的な場合はポケットがありその入口から中にかけて歯石がふさいでいることが多いです。 その場合は極細毛であってもポケット内に入ることができません。やはり歯石をとる必要があります。 では歯ブラシですが、ごく普通のものでいいと思います。 まっすぐな柄、平均的に植えられた毛のものです。

タウン誌 リベルタの記事切り抜き

歯ブラシについて

桜井歯科はさがみの窓に参加しています。 歯医者 スペース1 back 歯医者 スペース2 next 歯科 ページトップへ
医療法人仁成会 桜井歯科医院,ライン
http://sakra-dc.com/