医療法人 仁成会 桜井歯科医院

<綾瀬市><かしわ台駅><医療/歯科>
http://sakra-dc.com/

桜井院長のお話 「義歯の扱い方」

 患者さんが義歯(入れ歯)を扱う上で大事なことはなんでしょう。それは日々のお手入れ(洗浄)です。

 部分入れ歯の場合には、歯にひっかける金具の近辺は食べカスがたまりやすいところなので、その部分をよく磨いてください。 そして入れ歯だけではなく隣接する歯も表裏だけでなく、できるだけ360度磨いてください。 義歯に隣接する歯は常にカスがたまり歯の歯垢と義歯の歯垢(デンチャープラーク)とのダブルパンチで虫歯や歯周病になる率がとても高いです。

 「総義歯で歯が1本もないからいいや」などと思わないでください。 誤嚥性肺炎の原因の一つに口の中が不潔なことがあげられますが、義歯がよごれていることも同じです。 「毎日、義歯洗ってるよ」と言う方も水でゆすぐだけの場合もあるようです。デンチャープラークはその程度では落ちません。 義歯の表面がヌルヌルしてませんか。ティッシュで強くこすってみてください。ティッシュが黄色っぽくなりませんでしたか? 1日に1回は入れ歯洗浄剤を溶かした液に一定の時間つけた後、義歯洗浄ブラシでこすりながら流水で洗うのがいいでしょう。

タウン誌 リベルタの記事切り抜き

義歯の扱い方

桜井歯科はさがみの窓に参加しています。 歯医者 スペース1 back 歯医者 スペース2 next 歯科 ページトップへ
医療法人仁成会 桜井歯科医院,ライン
http://sakra-dc.com/