医療法人 仁成会 桜井歯科医院

<綾瀬市><かしわ台駅><医療/歯科>
http://sakra-dc.com/

「神経をとった場合」

 虫歯が、ある程度以上深く進行してしまうと最悪の場合、神経をとらなければならないことがあります。 そうなると治療が何回かかかるのですが途中で来院されなくなる方がいます。 きちんと通っていただければ、なにも問題ないのですが仕事が忙しいのを理由に中断される方がまれにいらっしゃいます。 神経をとると痛みが治まってしまうからでしょう。

 神経をとる治療は歯根の中のみえないところの治療のため私たちも、まさに神経を使うところです。 最後には神経をとったところがきれいな状態になり、その部分が死腔とならないように詰めます(根管充填といいます)。 というわけで1回で治療が完了すればいいのですが、そうもいきません。数回かかることもあります。

 治療を中断されますと根の中にいれておいた薬の効力が徐々に失われ 腐り始めたり仮づめのものがとれてしまうと食べかすが入り、菌にとっては絶好の温床となります。 それが時を経て歯が溶けてしまって抜かざるを得なくなった症例を何度もみたことがあります。

 だから痛みがなくなったからといって治療を中断されないことを切に願う次第です。

タウン誌 リベルタの記事切り抜き

神経をとった場合

桜井歯科はさがみの窓に参加しています。 歯医者 スペース1 back 歯医者 スペース2 next 歯科 ページトップへ
医療法人仁成会 桜井歯科医院,ライン
http://sakra-dc.com/