医療法人 仁成会 桜井歯科医院

<綾瀬市><かしわ台駅><医療/歯科>
http://sakra-dc.com/

桜井院長のお話 「”ふつう”の盲点」

 小学生のお子さんが「歯が痛い」とのことで治療し、それがよくなったときに次回に尋ねます。
 「どうだった?」 大概「ふつう」と答えます。わたしも若いときは少々ガクッときました。
しかし、小学生が「おかげさまで何でも食べられるようになりました。」などと言ったらはっきり言って気持ち悪い。 実は、ふつうとは最高のことなのです。

 歯が気になるときは、歯のことが意識にのぼってきます。絶えず意識します。 暇さえあれば舌で押して、「まだなおらない」と憂鬱な気分を味わいます。 しかし、気にならないときは歯のことが意識にのぼってこないので、まるで歯なんてこの世にないかのようです。 空気のようなものです。それがふつうということです。

  ところが歯が気になりだして歯医者さんに行ったら、もはや手遅れということもあります。
抜くこともあります。歯周病や痛みのないむし歯がそれです。 長い年月をかけて少しずつ進行するのです。その場合は自分では気がつきません。

 だから、なんでもなくても最低1年に1回は、かかりつけの歯医者さんに診てもらうことをおすすめします。

タウン誌 リベルタの記事切り抜き

「ふつう」が最良の結果

桜井歯科はさがみの窓に参加しています。 歯医者 スペース1 back 歯医者 スペース2 next 歯科 ページトップへ
かしわ台駅 桜井歯科医院,ライン
http://sakra-dc.com/