医療法人 仁成会 桜井歯科医院

<綾瀬市><かしわ台駅><医療/歯科>
http://sakra-dc.com/

桜井院長のお話 「挺出(ていしゅつ)とは?」

 歯というものは咬み合う歯がなくなると少しずつ伸びてきます。これを「挺出(ていしゅつ)」といいます。

 本当に少しずつなので自分では気がつきません。例えば右下の奥歯だけが2,3本抜けた場合を考えてみましょう。 歯医者さんで取り外し式の部分入れ歯を作ったとします。 しかし、痛いとか異和感があると言って、反対側でも食べられるので入れ歯をしない。 または入れ歯を紛失し、すぐに新しく作ればいいのですが忙しいのを理由に作らずに、そのまま何年も経過するとどうなるか?

  それに相対する右上の奥歯が少しずつ伸びてきます。ひどい場合は右下の歯肉に咬み込むぐらいまで伸びます。 こうなると入れ歯が入れられないばかりか全体の咬合のバランスが崩れてきます。 ときどきこのような患者さんをみかけますが、我々歯科医も苦慮することがあります。

 そうならないように、きちんとした入れ歯をつくってもらうか、 入れ歯がいやならばインプラントのような固定式のものをいれて咬めるようにすることです。

タウン誌 リベルタの記事切り抜き

挺出 治療

桜井歯科はさがみの窓に参加しています。 歯医者 スペース1 back 歯医者 スペース2 next 歯科 ページトップへ
かしわ台駅 桜井歯科医院,ライン
http://sakra-dc.com/