医療法人 仁成会 桜井歯科医院

<綾瀬市><かしわ台駅><医療/歯科>
http://sakra-dc.com/

桜井院長のお話 「親知らずについて」

 最近、親知らず周囲の歯肉が腫れて苦労された方が何人かいらしたので今回は親知らず(第3大臼歯)の話です。

 主に下の親知らず周囲が腫れることが多いです。親知らずは20歳前後で生えるのですが1番奥なので、なかなか自分でもわかりません。 エックス線ではじめてわかる場合があります。 やっかいなことに、きちんとした方向で生えてちゃんと噛めるようになる人は少ない気がします。 きちんと並んで上の歯と噛み合うならば、もちろん抜く必要はありません。

 しかし、斜めに生えたり完全に水平になったりすると悪者になることがあります。
つまり手前の第2大臼歯との間に食べかすがつまって双方とも虫歯になったり、周囲歯肉の腫れや痛みをおこしたりします。

 結局のところ、抜歯しかないのですが、生え方によっては口腔外科でないと対応が難しい場合もしばしばあります。

タウン誌 リベルタの記事切り抜き

親知らずについて

桜井歯科はさがみの窓に参加しています。 歯医者 スペース1 back 歯医者 スペース2 next 歯科 ページトップへ
かしわ台駅 桜井歯科医院,ライン
http://sakra-dc.com/