医療法人 仁成会 桜井歯科医院

<綾瀬市><かしわ台駅><医療/歯科>
http://sakra-dc.com/

桜井歯科医院の方針

 
 

 
 


これまでのように、「痛い」「怖い」「話を聴いてもらえない」というイメージの歯科医院ではなく、 患者様が喜んで、楽しく、行きたくなるようなイメージの歯科医院にしていきたいと考えています。

この地で開業し長いことになりますが、その間、ただ歯を削って、 つめて、かぶせたり歯のないところはブリッジにしたり入れ歯いれたり、 そんなことばかりやっていたわけではありません。

どうしたら、患者さんがもっと喜んでくださるか、 ハッピーな笑顔をみせてくださるか。
いつも考えていました。
そのためには、やはり一部分だけではなくお口全体を直さないとだめです。

以前こんなことがありました。「インプラントを前歯だけ入れて欲しい」と言うのです。 拝見すると奥歯には部分入れ歯が入っています。見た目だけやってもらいたかったようです。

当然、お断りしました。

奥歯がないと、たとえ入れ歯をいれてたとしてもインプラントの立場からすると、それはないのと同じです。 奥歯がなくて前歯だけインプラントにすると早晩グラグラになって抜けてしまいます。

それは入れ歯は歯肉で支えているからです。
「イヤちがう。歯にバネをかけているではないか。 そのバネが支えているではないか。」という声が聞こえてきます。

残念ながらバネには支えるがありません。
もしバネが支えているなら入れ歯のピンクの部分は殆ど歯肉を圧迫しないということになります。

しかし、入れ歯を入れている方ならわかると思いますが歯肉にちょうど入れ歯と同じ形の圧痕がついてませんか?

というわけで肉で支えているわけです。

で、食物を咬んだときにどうなるかというと肉は軟らかいので入れ歯は沈むのです。グニャっと。

ところが、インプラントは全然沈まないのです。
入れ歯は沈むけど、インプラントは沈まない。

結局のところ垂直的な咬むは殆どインプラントが支えることになるのです。

インプラントの軸が咬むと同じ方向ならまだいいほうです。

歯でもインプラントでも縦のには強いけど横の(斜めの)には、とても弱いのです。

それですぐダメになるのです。

桜井歯科はさがみの窓に参加しています。 スペース1 桜井歯科 ページトップへ
医療法人 仁成会 桜井歯科医院 ライン
http://sakra-dc.com/