小児歯科children

小児歯科

国分寺 恋ケ窪 神山歯科医院 小児口腔育成お子様の乳歯は、成長過程でいずれ永久歯へと生え替わります。しかし、乳歯の虫歯は生え替わった後の永久歯に大きな影響を与えるため、乳歯のころの虫歯を必ず早期対処しておかなければいけません。
当院ではお子様のお口のメンテナンスを中心に、1人ひとりに合った最適な診療プログラムをご提供しております。お子様の生涯にわたる健康な歯を守っていくためにも、歯科医院と親御さまとで協力し合い、しっかりとお口のケアを行っていましょう。

乳歯はどうやって永久歯へ生え変わるの?

赤ちゃんの乳歯の芽(歯胚)は、お母さんの妊娠2~3ヶ月の時期から徐々に形成され始めます。
そして、生後6ヶ月ごろには赤ちゃんに最初の乳歯が生え始めます。

お子様の成長には個人差がありますが、3歳になる頃にはほぼ全ての乳歯 (全部で20本)が生え揃い、そこからさらに4~6ヶ月でお子様の歯は石灰化を始め、顎の骨も変化して永久歯へと生え替わっていきます。

6歳ほどになると、顎の一番奥から「6歳臼歯」と呼ばれる永久歯が生えてきます。この6歳臼歯は永久歯の中でもっとも大きく、他の歯と比べて噛む力が強い特徴を持っています。しかし同時に、アゴの一番奥に生えてくるためブラッシングが不十分になりやすく、生えてきたときに親御様に気づかれないことも多くあります。そのため、結果として虫歯になりやすい傾向があるのです。

6歳臼歯を虫歯にしないためにも、ご自宅での適切な予防ケアと歯科医院でのメンテナンスが重要です。

お子様の歯はとてもデリケート!乳歯の特徴

乳歯は永久歯と比べて、下記のような特徴を持っています。

1. 歯のエナメル質や象牙質が薄く、虫歯になりやすい特徴があります。 2. 上記の理由から、虫歯になると、症状の進行が早くなります。 3. 永久歯よりも歯の中に占める歯随(歯の神経) の割合が大きいため、虫歯になると歯随を傷めてしまう可能性があります。

上記のように、お子様の歯はとてもデリケートなため、日々の予防管理と定期的なメンテナンスが必要となってきます。

当院で行うお子様の虫歯予防

歯磨き指導

歯磨きは虫歯の基本的な予防法です。まずは歯磨きを習慣にすること。夜寝る前は必ず磨くこと。食後とオヤツ後も磨くこと。ダラダラとジュースや甘いものを飲んだりダラダラと間食しないことが大事です。


フッ素塗布

フッ素には、歯の再石灰化を促す作用と歯の表面を虫歯になりにくくする作用があります。当院ではまず、歯に付着したプラーク(歯垢)をきれいに取り除いたのち、フッ素を直接歯面へ塗っていきます。この予防処置を3~6ヶ月に1回のペースで定期的に塗布するとより効果的です。


予防充填(シーラント)

お子様の奥歯の溝には磨き残しが多く見られます。磨き残しがあるまま放置すると、プラークが虫歯菌の活動を促し、奥歯を虫歯にしてしまう恐れがあります。そのため、奥歯の溝をあらかじめ『シーラント』と呼ばれる合成樹脂によって埋めておくことで、細菌や食べかすの付着を防いで虫歯を予防することができます。


サホライド

サホライドとは、虫歯の進行を抑えるための薬です。初期のお子様の虫歯に直接塗ることで、サホライドに含まれる銀イオンが虫歯になった部分へと吸着し、虫歯の進行を防ぐ役割を果たしてくれます。ただし虫歯の有機質と反応し黒くなってしまいます。それでも効果的なので虫歯の進行を抑えることを優先させるほうがよいでしょう。


アクセス

〒252-1132
神奈川県綾瀬市寺尾中1-8-11カタノビル2F
TEL:0467-79-1890 

診療時間

平日
10:00〜13:00/14:30〜19:00
土曜
10:00〜13:00/14:30〜17:00

休診日
日・木曜、祝日