インプラントimplant

インプラント

インプラントとは?

歯を1本でもなくしてみると、歯以外にもさまざまなものを失うことに気づくでしょう。 自然に微笑むことができなくなったり、リンゴやたくあんなど、食べたいものが噛めなくなるかもしれません。歯や口がいつも気になり、残っている歯まで不快に感じることもあるでしょう。また、筋肉痛になったり、はっきりしゃべれなくなったり、頭痛に悩まされることもあります。

インプラントとは、歯がなくなった後の顎(あご)の骨に人工の歯根を埋め込んで、そこに人工の歯を取りつける方法のことで、見た目も機能も歯根から歯冠まで修復することができます。


インプラント治療のメリット・デメリット

インプラント治療には、主に以下のようなメリットとデメリットがあります。

メリット
  • 1.元の歯の機能を取り戻し、ご自分の歯と変わらない感覚へと回復させます。
  • 2.歯を失ったコンプレックスが解消され、自信や積極性が回復します。
  • 3.色・形ともに自分の歯と変わらず、自然で美しい見た目を取り戻します。
  • 4.金具などの使用がなく、治療時に歯を削ることもないため、自分の歯の保護に繋がります。
デメリット
  • 1.外科手術が必要となります。
  • 2.診査の結果、インプラント治療を行うことのできない場合があります。
  • 3.一般的な入れ歯やブリッジに比べて治療費が高額になります。

インプラントは入れ歯やブリッジでは成し得なかった「かたい物を噛む」ということを可能にします。実は人が物を噛む力というのは大体体重ぐらい。奥歯では50~60㎏もの力がかかります。
そこで、なくなってしまった歯の代わりにインプラントを取りつけることによって、天然の歯と同じ様に噛むことができます。また歯冠の色や形も自分の歯と同じように作ることができます。インプラントはお手入れをきちんとすることによって、半永久的に使用することができるという大きなメリットもあります。

当院が用いるインプラントの素材

以前はインプラントの材料にも色々ありましたが、現在では世界中の様々な研究結果からチタンという金属が最も良いとされています。チタンという金属は外科などの医療現場で骨折の固定ボルト等ごく当たり前に使われている体に安全で最もアレルギーの少ない金属です。

桜井歯科医院ではマイティスアローインプラントとAQBインプラントを症例によって使い分けています。

インプラントQ&A

Q:インプラントに年齢制限はありますか?

一般的に、インプラント治療は20~70歳までの方に適していると言われています。また、年齢のほかにも、妊娠中の方や糖尿病など全身疾患のある方、顎骨の量が極端に少ない方やヘビースモーカーの方はインプラント治療を受けることができない場合があります。


Q:インプラントの寿命は何年くらいですか?

インプラントは適切なメンテナンスを継続すれば、10年以上お使いいただくことが可能です。一方で、入れ歯の平均的な寿命は4~5年、ブリッジは7~8年となっています。
当院では16年前に始めましたが16年経過でもビクともしてないので、この方々のインプラントは一生使えるのではないかと考えています。
インプラントを長く使っていくためにも、歯科医院での定期的なメンテナンスとご自宅での適切なケアが大切です。自分の歯と同じように、毎日お手入れを継続して行いましょう。


Q:治療費の負担が減る「医療費控除」とは何ですか?

医療費控除とは、自分自身のために、または家族のために支払った医療費の合計が年間で10万円を超えた場合に、納めた税金の一部が還付される制度です。還付金は税務署で確定申告を行うことにより受け取ることができます。
医療費控除の対象にはインプラント治療はもちろん、インプラントのメンテナンス費用(定期検診でかかる費用)も適用対象となる場合があります。手術やメンテナンスに使った医療費の明細は必ず大切にとっておくようにご注意ください。

インプラントの価格

当院ではいまのところ人工歯根が税込17万円/1本、上部の人口の歯が税込8万円/1本、合計で1本25万円で提供しております。
他に手術費用等はかかりません。1本いくらの計算です。

アクセス

〒252-1132
神奈川県綾瀬市寺尾中1-8-11カタノビル2F
TEL:0467-79-1890 

診療時間

平日
10:00〜13:00/14:30〜19:00
土曜
10:00〜13:00/14:30〜17:00

休診日
日・木曜、祝日